今どき話題の「デザイナーズ銭湯」

都内の湯船は、旬の昭和43層には2687軒ありましたが、平成22層には約800軒にまで減少しているそうです。燃料費が高騰したり後任が不足したりして、非常に酷い状況にあるようです。けれども、湯船によっては、生き残りをかけてさまざまな着想や改装をしている湯船も多いです。その中でも、近頃まったく話題になっているのが「デザイナーズ湯船」だ。

デザイナーズ湯船は、建築住まいにておしゃれにプラモデルされ、見栄えや内側、余剰にも拘り、新しく生まれ変わった湯船のことです。かねてから親しまれていた湯船を入れ替えしたものがほとんどで、シックで都会的なアーバンテイストな世の中風の湯船もあれば、昔ながらの思い出深い趣漂うレトロモダンなプラモデル代物もあります。

例えば、文京区における昭和47層に創業した老舗湯船「千駄木ふくの湯」は、デザイナーズ湯船として平成23層にリニューアルされました。共和モダンな趣が強みで、階級、突破口の扉、番台、脱衣先など、木材で統一された落ち着きのあるスパホテルのようです。レトロな風情漂う輝きに照らされて、どっか懐かしさを捉えさせられます。

浴場に入るといった、ペンキ画の最適富士山が目線に飛び込んできます。また、夫湯とお母さん湯を分ける障害には、「大黒様」といった「弁天様」が仲間描かれている。お風呂も井戸水を使ったり、強力なジェットバスが支持だったり、さまざまな個性的なお風呂を楽しむことができ、心からおしゃれなプラモデルの中で、気持ちのよい湯を楽しむことができます。ミュゼ大阪駅前第4ビルの最新高速脱毛で時間がなくても美肌脱毛